手足 口 病 大人 ブログ。 【手足口病】大人が感染すると地獄…

重症化しやすい!大人の手足口病の症状と対処法。仕事はどうする?

手足 口 病 大人 ブログ

手足口病。 保育園に子供を通わせていて最もかかってほしくない病気No. 1と言っても過言ではない恐ろしい病気。 「手足口病の重症化すると、具体的にどうなるか知りたい」 「手足口病にかかりたくない」 そういった方に読んでもらい、少しでも手足口病の大変さを知ってもらえればと思い書いています。 毎年流行する病気で、夏風邪の一種とか言われてますが、ただの風邪とは比べ物にならないくらい大変な病気です。 大変とかの一言で片づけられるレベルの病気ではないです。 地獄です… もう一度言います。 手足口病は大人が感染すると地獄です。 今、もし、この記事を読んでくださっている方で、お子さんが手足口病にかかっているようなら今すぐ自分たちが感染しないように対策をしてください。 2018年夏、娘が保育園で感染。 その後、夫婦にも感染。 家族でとんでもない目にあいました。 ネット検索で調べてみると、大人の重症化に関して書かれている記事も見ますが、実際にかかったの?というような記事もあります。 大人の症状がかなり軽めに記載されている印象です… ちなみに 僕は完治に約半年かかりました。 誤解のないようにお伝えしておくと、この半年というのは「爪のはがれが完治するまで」です。 「いやいや、半年っていくらなんでもかかりすぎでしょ?」って思うかもしれませんが本当です。 重症化した場合、ほんとに地獄… 二度とかかりたくない病気です。 この記事は 手足口病に大人が感染し、重症化するといかに大変かということを書いています。 手足口病とは… 手足口を中心に水泡性の発疹が出るウイルス感染症。 7月頃がピークとされています。 手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、その名が示すとおり、口腔粘膜および手や足などに現れる水疱性の発疹を主症状とした急性ウイルス感染症で、1950年代後半に認識されたウイルス性発疹症であり、我が国では1967年頃からその存在が明らかになった。 本疾患はコクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスが原因ウイルスである。 感染経路 主に3つです。 気を付けていても子育てする上で避けにくいものばかりです。 飛沫感染 せき、くしゃみなど 子供の世話をする上で 抱っこしている時など、至近距離であびる可能性があります。 接触感染 直接肌が触れた場合 特にお風呂など要注意です。 でも触れるしかないし…って話ですよね。 また、お子さんが感染し、かゆみ止めを塗ってあげた後の手も要注意です。 糞口感染 ちょっと汚い話ですが、子供のウンチの処理をしたあと、 手洗いなどがおろそかになった場合、高確率で危険です。 その手で何か食べ物や飲み物を飲んだ時に…という流れです。 この糞口感染が厄介で、お子さんが治りかけ、または治ったと思ってからも要注意です。 治ったと思っている子供のウンチからは、1か月程度はウイルスが含まれている可能性があります。 自分の子供の処理だと手洗いが水洗いだけでいいとか適当になりがちです。 感染後1か月間は、手洗いはいつも以上に徹底してください。 ワクチン、予防薬はなし 熱は解熱剤。 発疹はかゆみ止めは処方されるものの、手足口病そのものはワクチンがなく、ひたすら自然治癒しかありません。 また感染を予防するための薬もありません。 ワクチンか予防薬ができるのを切に願います。 手足口病は何度もかかる… 残念ながら手足口病は一度感染したからといって、もうかからない病気ではありません。 特に保育園などでは集団感染リスクが高いので、毎年かかる可能性もあります。 手足口病 [子供と大人の症状比較] まず子供と大人の比較表をご覧ください。 ちなみに子供の皮のめくれはほとんどありませんでした。 【痛み、皮のめくれ】が大きな違いです。 では比較表を個別に説明していきます。 お尻から入れるタイプの解熱剤を何度か使用しました。 のどはひどくなると、 痛みで食べ物を飲み込めないようになるので 短期間ゼリーなどしか食べられませんでした。 かなりかわいそうな状況で、食べたいのに食べられずに泣く子供の姿は見ていて辛かったです。 発疹、かゆみ 体の部位ごと 腕、手、足、足裏など に10~20個は出ていました。 軟膏なども処方してもらいましたが、劇的な効果はないので塗ってもすぐ「かゆい、かゆい」と言ってました。 泣きながら、かきむしる姿が辛かったです。 保育園 感染症などに厳しい園では大変です。 うちの娘が通っている園では1週間ほど休まないといけなくなり、病院で登園許可証も 書いてもらわないといけませんでした。 そうなると子どもの世話をするために 両親のどちらかもずっと休まないといけなくなります。 仕事をしていると本当に困るのですが、園児への集団感染リスクを考えると園の対応が正しいです。 保育園の先生方は、日々こういう感染リスクとも戦っている状態です。 ほんとに大変な仕事だと思います。 自分たちも常にそういったリスクと背中合わせですからね… 手足口病 [大人が感染するとまさに地獄…] 大人は重症化すると、発疹の数も子供より多く症状も重くなります。 もちろん全員が全員、重症化するわけではありませんが、うちは妻も僕も見事に重症化しました… 大人は手足口の発疹だけじゃない 子供は病名通り、手・足・口が中心ですが妻と僕の場合、ほぼ全身に尋常じゃない数の発疹が出ました。 指先から手のひら、手の甲、腕、肩、背中、お尻、足の裏、 耳、まぶた、首、かお、頭皮などなど。 どこが手足口病だと言いたいです… 大人はかゆみ、痛みが尋常じゃない かゆみがかなり強く、まともに仕事できなくなるレベルです。 平常心が保てなくなり、 常時どこかかゆい状態になります。 夜もまともに眠れません。 また、かゆみの後に水疱が破れて 激しい痛みもでてきます。 手足のまめがつぶれた時のような痛みでじんじんします。 特に指先がひどく、何かに触れるだけで痛むのでこれが一番大変。 親指から小指、手のひら、手の甲まで、手だけでも相当数の発疹です。 激痛でペットボトルのフタとか、ジュースの缶とかが開けられなくなります。 僕の場合、パソコンを使う仕事をしているので、キーボードで何か文字を打つ度に指がじんじんするのを我慢するしかありませんでした。 全身が神経過敏のような状態になっていて、少しの摩擦や刺激が日常の何倍にも感じられます。 足も歩くだけで激痛なので普通に歩くことができません。 足裏が、まめが何十個もつぶれたような痛みがあります。 お尻にできていると椅子に座るのも痛いです。 僕の場合デスクワークが主なので常時ヒリヒリしていました。 そんなヘトヘトの状態でようやく家に戻り、お風呂でストレス発散… とはいきません。 シャワー、お風呂も地獄です… 体を洗うことがものすごい刺激に感じるので、全身がヒリヒリしてリラックスタイムにはなりません。 かゆみと痛みで睡眠不足、イライラがつのりパフォーマンスが落ちます。 また、歩くのも痛みで遅くなり、 とにかくストレスだらけの日々になります。 大人が休めるのは高熱の間だけ 仕事に関しては、高熱の時はさすがに休みましたがその間だけです。 見た目や、周囲への感染リスク、痛みなどを考えるともっと休みたいところですが、残念ながら、 手足口病にかかったからといって会社を休んでいい規定などは特にありません。 インフルエンザよりはるかに長引くし、感染を広げないためにも休ませる社会であるべきだとは思います… 人に移してしまうかもしれないということで、 マスクをして、周囲の目を気にしつつ かゆみと激痛に耐えつつ、仕事をこなす必要があります。 大人は手足などの皮がめくれだす 長い長いかゆみと痛みの次は、今度は皮のめくれがはじまります。 皮がめくれて特に指先、足先が大変なことになります。 足裏の角質ケアをしたことありますか? 液体に足をつけてしばらくすると ベロベロにめくれてくるあの状態です。 手足を中心に発疹のあった箇所がめくれてきます。 僕の場合、 頭皮にも発疹がでていたので、 頭皮もめくれてフケがいっぱい出ている ような状態になりました。 鏡を見るのが嫌になり、外に出るのも嫌になりますが、それでも休むことはできません。 大人は爪がはがれる 発疹もなくなり、皮もめくれおわり、ようやく普通の日常が訪れたと思いきや、今度は忘れたころに爪がはがれてきます。 ただ、爪がはがれるといっても、新しい爪が生えながら古い爪がはがれていくので 痛みはあまりありません。 手足口病 [さらに重症化する場合も…] これだけ大変な手足口病ですが、さらに重症化する可能性があります。 手足口病は、抗ウイルス薬はないため、かかった場合は、熱を下げたり、発疹の痛みを抑えたりする解熱鎮痛剤による対症療法が中心となります。 多くの場合は、一週間程度で治っていきます。 ところが、なかには「髄膜炎」「小脳失調症」「脳炎」といった中枢神経系の合併症や、「心筋炎」「神経原性肺水腫」「急性弛緩性麻痺」などを引き起こすケースもあります。 でも、まだまだ手足口病なんて「子どもの病気でしょ?」と思っている方も多いです。 怖いのはネットでも、重症化の情報がまだまだ少ないことです。 ここまで読んでいただけた方には、大人が感染するといかに大変か、ご理解いただけたかと思います。 もし、ご家族が感染した時はしっかりと感染予防をしてください。

次の

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足 口 病 大人 ブログ

手足口病って、どんな病気 wikipediaによると 「コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。 」とのこと。 まあ、誤解を恐れずざっくりと書くと、 やけにインパクトのある名前を持った夏風邪という感じ。 (もちろん幼児の場合は重症化すると命にかかわることもあるので、軽く見てはいけませんが。 ) ちなみにウチの場合、息子(現在9ヶ月)が発熱・発疹という症状が出たため病院へ連れて行き、「手足口病」という診断を受けたんですが、その時点で「手足口病」のことをまったく知らず。 あまりにインパクトのある病名なもんで、 「手足口病=手や足の発疹がパカっと割れ、その様が人間の「口」の様に見えることから名付けられた奇病。 ブラック・ジャックじゃないと治療は難しい。 」くらいの妄想を繰り広げてしまい膝がガクガクと震えてしまったのは懐かしい話です。 感染源は、患者のよだれや便。 なので、おそらくは息子のオムツ替えの時にでも感染したんだと思われます。 一旦感染してしまうと、大人子どもを問わず 有効な治療法は無いとのことで、時間が解決してくれるのを待つしかありません。 (平均的に7〜10日で治るそうです。 ) なので、 手洗いとうがいという超ベタな方法で 予防するしかないというのが現状です。 ちなみに、大人は「抗体」を持っている人がおおいためうつることは少ないものの、もちろん「抗体」が無い or 弱いと感染してしまうとのことで、僕はどうやら「抗体」を持っていなかったようで感染してしまいました。 「抗体」を持っているらしい奥さんは、僕以上に息子に接しているはずなのに感染はなし。 まあ、奥さんだけでも無事だったのは不幸中の幸いでした。 [ad] 手足口病の症状はどんな感じ? 発症1日目 僕の場合は1日目は 喉の痛みと発熱というのが主な症状でした。 まあ見るからに 「風邪」という感じで、特に警戒もせず、普通に熱が出た時の対応(バファリン飲んで、ポカリをがぶ飲みして、汗をかくように厚着して寝る)のみ。 ちなみに、息子の発症から3日後くらいの出来事で、 潜伏期間3〜5日という記述と合わせても、まあどう考えても息子からうつったっぽいです。 発症2日目 一晩寝て熱は下がったものの 喉の痛みが尋常じゃなく、病院へ。 この時は「手足口病の可能性が無いこともないけど、たぶん違う」との診断を受け、 のど風邪の治療を受けました。 この時点では手足口のどこにも水泡はなく、喉は単に赤く腫れていたのみ。 これが「手足口病」の初期症状だったのか、それとも「のど風邪」で抗体が弱まっていたから手足口病に感染してしまったのか、今となっては謎です。 喉の痛み・体の怠さが続く一日でした。 発症3日目 一晩寝て起きると、鈍痛だった喉の痛みがピリピリと鋭い痛みに変わっていた。 鏡越しに喉を見てみると、昨日までは赤く腫れていた喉に白いブツブツが大量発生で、のどが白っぽくなっていて。 よくよくみると、喉全体を覆っている白いブツブツは全て 口内炎でした。 というわけで、 ほぼ何も飲み込めないという地獄の日々がスタートしました。 ゼリーならイケるだろうと思っても、フルーツの酸味が激痛を招き。。。 ヨーグルトならイケるだろうと思ってみると、何故かヨーグルトが染みまくり…。 食べれたものは 「プリン」「コーヒーゼリー」「絹豆腐(もちろん醤油の類は無し。 木綿は喉に絡むためNG。 )」くらい。 喉にいいかな〜と思って「のど飴」を舐めてみても、粘度の高い飴は飲み込むことができませんでした…。 改めて病院へ行くと、やはり「手足口病」発症!というお墨付きをもらいました。 とは言え、前述したとおり特に有効な治療法は無いんですけどね…。 発症4日目〜 手・足にも少しだけ水泡が。 幸いなことに僕は手足の水泡はほとんど出なかったっため、ビジュアル的に周りの人を引かせずに済みました。 ただ、その代償なのか口内炎はとにかくひどく…。 のどに20〜30個ほどの口内炎に加え、舌の側面、唇と トータル50個ほどの口内炎が出来てしまいました。 (水すらも飲むときに痛みが伴うという状態。 ) とにかく「プリン」と「コーヒーゼリー」を食べながら命を繋ぐ日々でした。。。 発症8日目〜 一週間が過ぎ、ようやく喉の痛みに落ち着きが見え、少し固めのものも食べられるようになりました。 手足の水泡はかさぶたのようになり、新しい水泡の出現はほぼ無い状況。 発症10日目(本日) まだ喉の痛みはあるものの、ようやく「普通のご飯」が食べれるようになりました。 手足の水泡の後は赤黒く残っている状態。 口内炎はまだ多数残っているものの、ほぼほぼ通常の生活が送れる状態に回復しました。 という感じ。 なんというか、 50個の同時多発口内炎が本当に辛かった。。。 少なくとも、人生における最大の苦難でしたよ。。。 というわけで、当ブログを読んでくださった皆様。 こんな地獄を経験しないで済むよう、手洗いとうがいの徹底を強くおすすめする次第です。 そして、もしも子どもが「手足口病」に感染してしまった時には、自分の子どもをバイキン扱いするようで忍びないですが、オムツ替えの時にはゴム手袋を付けるくらいの徹底した予防をおすすめします! いやー、辛かった!.

次の

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足 口 病 大人 ブログ

もくじ• 手足口病の症状は?発熱やかゆみはあるの? 手足口病は、手のひら、足の裏、手や足の指と指の間を中心とした水疱性の発疹で、口の中にも同じような発疹がみられます。 微熱や軽いのどの痛みに加えて、口腔内の痛みから食事をするのが困難になります。 発疹は、手足全体、肘や膝、あるいは、おしりあたりにみられることもあります。 舌や口の内側の粘膜に軽度の痛みを伴った水疱ができます。 また、水疱が破れて潰瘍状になることもあります。 皮膚の発疹は、手のひらと足の裏にできる小さな赤い発疹で、水疱を伴うこともあります。 これらはかゆみや痛みを伴わないのが普通です。 また、爪の裏に水泡が出来ると爪が剥がれることもあります。 手足口病の感染経路と潜伏期間は? 手足口病の原因ウイルスは多種存在しているため、過去にかかったことがあった場合でも、別の種類のウイルスによって再度かかることもあります。 感染経路としては経口・飛沫・接触感染の全てに可能性があり、潜伏期は3〜4日くらいです。 症状がなくなったあとも3〜4週間は便の中にウイルスが残っていることがあるため、家族が感染した場合はうがい・手洗いを行って予防することが大切です。 手足口病の治療法や予防方法は?薬は効くの? 手足口病に効く薬や治療法はありません。 発熱、頭痛、口や手足に出来た水疱の痛み等それぞれの症状に対する対処療法が中心となります。 また、有効なワクチンもないため、手洗いの励行、汚れた衣服の洗濯などの一般的な予防方法が大切になってきます。 妊娠中に手足口病にかかったら影響は? 手足口病は大人に感染することもまれにあり、皮膚の症状が強く出やすく、妊婦さんが感染することもあります。 ただし、妊婦さんに感染した場合でも症状は軽いか無症状です。 また、妊娠中の手足口病が原因で、妊娠中絶、死産、先天異常に至ることを示す明らかな証拠はありません。 しかし、出産間際あるいは出産時に母親が感染していた場合、新生児にうつる可能性があります。 ほとんどの場合、新生児が手足口病に感染しても軽症ですが、ごく稀に多臓器感染を起こすこともあります。 また、重症感染症のリスクは出生後2週間以内に感染した場合が最も高いといわれています。 妊娠第1三半期に感染した場合は、非常に稀ですが、流産のリスクが生じることを示す根拠も存在していることから、感染した場合は妊娠の経過や出産後の新生児について慎重に観察を行う必要はあります。 ですが、これらのリスクは稀なので不必要に心配する必要はないと考えられています。 妊娠中に何かしらの発疹・水疱を認めた場合、また手足口病の感染が疑われる場合は、産科医または助産師に相談するようにして下さい。

次の