影 牢 ダーク サイド プリンセス。 「影牢 〜もう1人のプリンセス〜」,前作からの変更点と5人のヒロインの特徴が公開。オイルやスライムなどの新たなトラップも

「影牢 〜もう1人のプリンセス〜」,前作からの変更点と5人のヒロインの特徴が公開。オイルやスライムなどの新たなトラップも

影 牢 ダーク サイド プリンセス

大胆な露出もいいけど、そんな見せればいいってもんじゃねえよ、って時もあるよな。 俺です。 引き続き、~ダークサイドプリンセス~をプレイしているが、ストーリーを進めるより、アーマーブレイク探しに夢中になり、全然進んでいない事をお伝えします。 このゲーム最大の魅力は最終的にアーマーブレイクに結実している。 他の人はどうだか知らないが、 自分にとってのダークサイドプリンセスはアーマーブレイクだったのだ。 アーマーブレイク。 つまりは 「脱衣要素」だ。 トラップを仕掛け、コンボを決める。 コンボを長くつなげ、仕掛け「ウィザードギア」を利用し、ド派手にトドメを刺して、スコアを稼ぐ。 そうしたトラップゲームとしての面白さがあっての話ではあるが、 そこにアーマーブレイクが加わる事で素晴らしい事になっている。 だって脱衣ですよ。 脱衣ってだけで素晴らしいのだけれど、 より一層素晴らしいのは、全身鎧を脱衣させれるってことです。 顔さえ見えないほど全身が鎧に包まれたキャラクター。 一体どんな面をしているのか。 どれちょっと見てみるか、という気持ちでアーマーブレイク。 中からはほぼ下着姿というかまんまこれ下着だよねというキャラがこんにちは。 あり過ぎるだろ。 特に チャプター6のボス、セリア。 完璧だ。 完璧だ。 これぞ脱衣。 リョナかどうかはともかく。 最初から露出の多い姉ちゃんが脱ぐのも良い。 それはそれでいい事だ。 ビッチでもスラットでも、明るいアッパーなエロが嬉しい時もある。 頼んでもないのにWピースしてくれるようなエロさ。 だが、やはりこう・・・(妖しい手付き)、隙などなさそうに全身鎧に包まれたキャラこそ、剥げるものなら剥いでみたくなるもの。 ああこのベールの向こう側にはなんかエロいものが詰まっているのではないのか。 だって他のキャラエロいぞ。 きっとこのキャラの鎧の中にも、エロいもんが入っているに違いない。 そりゃそう思うよ。 コーラを飲んだらゲップが出るほど確実なんじゃ。 そういうものなんじゃ。 そしてセリアのアーマーブレイクを見て下さい。 色気も素っ気もない、無個性な聖騎士ですって感じの全身鎧から、突然のと褌。 完璧過ぎて、深夜に「ハラショー!!」って言ったよ。 この観点から言えば、 積極的にアーマーブレイクしたそうなイヴリン(おっぱい)以外のウィザードは、全くのクソである。 アーマーブレイクも出来ないウィザードであるなら、ドラクラのくらいはエロくなれ。 あと魔法ホーミングすんな。 アーマーブレイクのために弱点を探しまくる アーマーブレイクのためには各キャラに用意された弱点を突く必要がある。 よって、色んな罠を使いまくる必要がある。 普通に攻略するだけなら、炎・雷・氷の属性トラップは必要ないように思うが(今のところコンボに組み込みやすいのは電撃棒くらいかな)、弱点を突くとなるとどんどん使う必要がある。 アーマーブレイクに燃やす執念から、延々とフリーバトルで審判の間(ここの水車は殿堂入りトラップだと思う)に籠るのも止む無し。 アーマーブレイクのついでに、ローリングの練習もかねて、修行だ。 作業臭い訳だが、その果てにアーマーブレイクがあると思えば辛くない。 もう何があっても挫けない。 アーマーブレイクはウィザード以外有象無象を区別しない 毒を食らわば皿までも。 やるからには、男女の別なくアーマーブレイクを狙う。 如何にも 屈強そうな鎧のおっさんだろうと、アーマーブレイクの餌食だ。 迫力満点だった鎧達磨も、あっという間にパンツのおっさんへ。 破壊された鎧の下からなんかいけ好かない青年が登場しようもんならスコアにもならんのにループコンボにかける。 一度アーマーブレイクした後は、図鑑情報でアーマーブレイクさせ放題。 パリーンという音と共にボタン一発で軽く弾け飛ぶ鎧。 もう一度ボタンを押すとまた装着。 ボタンをポチポチ押して味に脱着を繰り返す。 征服してやった感が強く湧く。 いっそ全員脱がせるように出来なかったんですかね。 贅沢ですよね。 でもウィザードはクソ。 という訳で、 ダークサイドプリンセスは脱衣ゲームです。 も目じゃないほどの脱衣ゲームです。 脱衣ファンはプレイしてください。 こちらからは以上です。 hirottemita.

次の

コンボ 影牢 ダークサイドプリンセス

影 牢 ダーク サイド プリンセス

UIはヒドいし、敵の挙動はバカだし。 何よりトラップをコンボでつなげる事に何の面白みも無い。 問題点を以下にあげる。 敵のほとんどが主人公まっしぐら。 主人公レーダーでも持ってるのかよと。 別の部屋にいても主人公の位置を感知して全員集まってくる。 敵がか弱い一般市民でも鎧のおっさんでも、重そうな武器もった戦士でも、変わらずものすごい速度で主人公を狙ってくる。 連携プレイしようなんて考えず、ただただ襲ってくる。 つまらない。 設定上部下3人いてキャラ紹介でも大きく取り上げられているが、設定上いるだけで、何の役にも立たない。 華麗担当、残虐担当、屈辱担当の3人なのに、何もしてくれない。 罠を設置してくれる、発動してくれるとか、やってくれてもいいのに、何もしない。 この3人を使い分けて、この3人それぞれが使えるトラップを上手く設置しようとか、そういうゲーム性も無い。 本当にただストーリー上いるだけ。 マップが使いにくい。 全体マップと部屋マップとあるが、それぞれが全く別の画面に存在していて、それを使い分ける事が出来ない。 つまり、敵と自分の位置がわかりにくい。 というか、普通、こういうの、画面右下とかに「小マップ」が表示されるもんじゃない?特にこの作品の場合、見えないとこから敵が攻撃してきて、それが致命的になるんだから、敵の位置は大事。 状態異常が機能していない。 PCの状態異常は意味があるけど、敵が状態異常になっても意味が無い。 凍結状態でしばらく動けなくなる。 けど、主人公が出来るのは罠の設置だけで、設置に時間がかかるので、凍結にしたからって何も出来る事は無い。 その一方で主人公が凍結してしまうと、敵に囲まれて好き放題やられてしまう。 炎も同じ感じ。 炎上すると、ある程度のの移動操作以外出来なくなる。 敵も狂ったように移動する、けど、攻撃能力は失っていなくて、プレイヤーが近づくと炎上状態でも余裕で攻撃してくる。 役に立たねぇ。 ランダムに動き回るせいでむしろ迷惑。 その他の状態異常も敵には無意味なものしか無いと言っていい。 捕獲に全く何の意味も無い。 瀕死or死亡した敵は捕獲できる。 死亡した敵も捕獲すれば生き返るぜ。 でも、かなり面倒な捕獲も、ただ捕獲したというだけで、それでストーリーが変わるわけでもないし、捕獲した敵を何かに使えるとかがあるわけでもない。 本当に何の意味も無い。 売りの1つだったアーマーブレイクも意味が無い。 鎧には特定の罠への耐性がある。 鎧を壊せば通るようになるので積極的にブレイクしよう!って事なんですが、何をすれば壊れるかわからないので、結局、耐性の無いトラップ組合わせて無限コンボ組んでしまえばいい。 そうでなくても、アーマー破壊するように罠組んだ後に、わざわざ「逃がす」必要もなくて、そのまま無限コンボで殺すのが普通。 アーマー破壊したからこれでようやくまともに戦えるようになる。 ではなく、「殺してる途中で鎧が壊れた」ってなるのが普通。 そもそもトラップの達人である主人公があらゆるトラップに耐性無いのはどうなんだ?トラップ耐性利用して自分ごと敵をトラップにとか出来れば良かったのにな。 トラップにはめるという快感は無い。 トラップアクションというのは、無力な主人公が上手く敵をトラップに誘いこんで敵を殺す事に意味がある。 刻命館はそういうゲームだったはずだが。 この作品では動かない敵の真下に罠を設置して発動とか、敵は罠にかかったとは言い難い状態。 これはトラップでは無くない?トラップをリアルタイムに設置してるんだから、普通にそれは「設置武器」だろ。 その武器を自由に遠隔地に置いて自由に発動出来るってだけで。 トラップのコンボが単調で時間の無駄なだけ。 基本即死で良く無い?トラップで敵が運ばれる、運ばれた先にトラップを置いておく。 基本これの繰り返し。 これでスタート地点にまで戻せば無限コンボになる。 もちろん、壁隅の相手に集中砲火みたいな「運ばない」コンボもあるんですが、極めて例外。 運んだ先にトラップがあるから、「つながって当たり前」。 「こんな繋がり方するんだ」という面白さは無い。 まぁ、トラップの判定が曖昧で「敵を捕らえにくい」ものも多いんですが、それはそれで不快なだけっていう。 部屋の出入口にトラップを置くと敵は基本回避不能。 …なので、敵とは別の部屋に入って出入り口に耐性が無いトラップだとか、効果範囲広いトラップを置いて、そこから無限で殺すのが基本スタイル。 …面白いか、これ? 持てるトラップの数が少ない。 入手したトラップ全部使えて何の問題があるんだろう?ヘンにゲーム性持たせようとして失敗してるだけとしか思えない。 持てるトラップの数が少ない事と、鎧の耐性のおかげで、ヘンなトラップの持ち方をすると、詰む。 まぁ、詰まないように「耐性が無いトラップ」を持ちこむのが基本なんだが、そのスタイルがもう、アーマーブレイクを売りにしてた本作の方向と違うだろと。 使い魔=メディウムどもがストーリーモードでは「お願い」をしてくる。 トロフィー制覇にはこれは全部叶える必要があるが、1ステージ内で1人3つのお願いがあるものの、1つ叶えるまえ次のお願いを言ってくれない。 周回プレイで「叶えたお願いの数」が表示されるものの、「このお願いはもう叶えたからいいや」というわけにはいかない。 お願い3つ全部叶えないと意味がなくて、「1周目に2つ叶えたから、この周では最後の1つだけ叶えれば」というわけにはいかない。 3つ全部叶えてないなら、3つ全部叶えないといけない。 つまり1つ2つだけ叶えても「意味が無い」のである。 ごく稀に「失敗する」要素もあるお願いがあって、そのお願いは失敗すれば次のお願いを言ってくれるものの…。 これは設計ミスとしか言いようがない。 1つづつ叶えるのは難しくないけど、3つ全部同じ周で叶えるのは「持てるトラップの数が少ない」ので割と困難だったりも。 扉要素を全く上手く使ってない。 扉に鍵をかけて、破壊されるまで敵を閉じ込めるとか、1対1で戦える状態にするみたいな要素があれば「常に同じ速度で迫ってくる3人の敵と同時に闘うために部屋の入口にトラップを仕掛けて」なんてつまらないプレイにならずに済むんだがな。 使えない使い魔どもが、扉のロック能力あるとかなら。 後は部屋と部屋をつなぐ通路を坂どころか直角にして墜落死させる大型トラップとか、この辺りは「館のトラップ」としては基本だと思うんだがなぁ。 通路では全く何も出来ず逃げるだけの主人公っておかしくない?狭い通路こそ、部屋の入り口なんぞよりトラップ仕掛けるのに適した場所のはずなのに。 扉そのものにトラップを仕掛けておくとかな。 天井と床というトラップ要素が機能していない。 壁・床・天井とトラップを仕掛ける場所は3か所あるものの、同じマスの天井と床には同時に仕掛けられない。 これじゃ床と天井に分けた意味が無い。 基本「天井が無いステージ」なんて無いので。 この同じマスに天井と床両方にトラップ仕掛けられないというのが「運んだ先にトラップ」というコンボの単調さに拍車をかける要因になってるかと。 ゲーム自体ではなくストーリー設定上の問題だが、主人公が積極的に敵を殺す理由が全く無い。 敵が主人公を必死に狙う理由も無いが。 全く思い入れる事が出来ない。 主人公がイラストとあまりにも違う宇宙人顔。 ヒドすぎる。 ブサイクとかそういうレベルじゃあないんだ。 怖すぎるんだ、目がつり上がっていて。 トロフィー難度について ミッションオールクリアはそこそこ難易度が高い部類だけど、それ以外は特別難しいわけではない。 とにかく面倒なものばかり。 忍耐心が要求される。 疲れる。 精神的にとにかく疲れる。 DLCについて 初回特典と限定版特典だけ。 衣装や罠を売りにきてもおかしくない中、それをしなかった事は高く評価する。 初回と限定のトラップも特典レベルに落ち着いていて良。 ただ、限定版はデカすぎて「トラップ欲しいけど、他の要素いらねぇや」って人が手を出せなかっただろうという事を考えると今後、この辺り考えるべきかなと。 DLCの話ではないけど。 推しキャラについて ラスボスのフリーゼ様。 お美しい。 フリーゼ様最高。 宇宙の帝王はフリーゼ様しかいない。 変態シスターやら、勇者様やら、国一番の騎士やら、それどころか黒騎士ブラフォードとかそのレベルの伝説の戦士を蘇生させてまで散々主人公を襲撃させていた黒幕の国務大臣様にして王族の血を引き、聖者の血も引く高貴なお方。 黒幕は黒幕らしく大人しくしていればいいものを、襲撃失敗しまくった結果、自ら乗り込んできてしまったアホ姫様。 勇者様とか伝説の戦士まで生きて帰ってこなかったというのに、何人か部下は連れてきたとはいえ、実質的には「単身」で乗り込んできやがった。 しかも特に策も無く。 アホだろ、この黒幕。 アホすぎて可愛い。 これが国務大臣。 色々と知識あって、何故か自信満々に挑んできた。 あ、意外と強い、さすがラスボスだなと少し驚く程度には、強烈な魔法を使ってきたものの、所詮、国務大臣は国務大臣、伝説の戦士とか勇者様よりは弱かった。 4つのエンディングでそれぞれどうなるかは異なるものの、「私殺したらダメだし」と、散々助命嘆願して、主人公の有能な片腕となる展開は「友情っていいな」と再認識させてくれました。 フリーゼ様最高だぜ。 このどうしようもないクソゲーの、数少ない良い点。 …まあ、変態シスターとかも良い味出してたけどな。 というか、何かこの国、変なヤツ多すぎじゃないか? トラップマスター 全てのトロフィーを入手する 最初は取得率0. 1ってのは0. 1以下なんだろうから、6倍どころか、下手したら10倍以上の可能性。 取得率表示されるようになった直後に0. いくら何でも増えすぎ。 いや、他のトロフィーの取得率下がってる以上、「全てのトロフィー取得」が条件のこのトロフィーの取得率も下がらないとおかしいんだが。 それで下がらないとすると。 売上は初週4万とある。 中古とDLとかでものすごく多めに見積もって10万としてみようか。 その0. 元は0. 1だったので100人以下だった?取得率表示されるようになってから「一気に」増えたって事になる。 取得者は増えてないと考えると取得者は1400人、これが1. するとだ、このトロフィーの取得者は160人ほど増えた計算になる。 有り得ねぇよ。 最初の0. 魔神の娘 ストーリーチャプター1をクリアする いわゆるワールド1。 結構ステージ数あるし、面倒な割にすごい取得率。 そう、この時点では、まだこのゲームがクソゲーだと気づかない頃なんだ。 「何か不親切だな」「敵の動きおかしいよな」とかは思うけど、「慣れてないから?」と 城制圧 ストーリーチャプター3をクリアする まだまだ高い取得率。 大したものだ。 ここまでプレイしてもらえるってのは珍しい。 個人的にはもうこの時点で嫌気がさしていました。 工場突破 ストーリーチャプター6をクリアする もう本作のダメな部分のほぼ全部が見えた頃。 投げだすか根性出すか迷うところ。 遊園地を抜けて ストーリーチャプター9をクリアする ここまで来れば、せめて1周は終わらせようと考える頃。 遊園地ステージはそれなりに楽しかった。 影の牢獄 ストーリーをクリアする やっと終わったという喜びと、淡白なエンディングに対するがっかり感とが混ざる瞬間。 ダークサイド プリンセス ストーリーの全てのエンディングを見る たった1人の敵キャラの倒し方だけで4つも分岐。 クソ面倒くせぇ。 途中のストーリーが変わるわけでもないし。 初級者 ミッションを1つクリアする 取ろうと思えばすぐにでもとれるトロフィー。 が、取得率50%以下。 ストーリーモードで燃え尽きてる人が実に多い。 中級者 10ミッション以上クリアする 100ミッションもある中、10ミッションで中級とはどういう事だってばよ?50ぐらいじゃないのか、普通?10で初級ぐらいでないですかね? 覇者 全てのミッションをクリアする 最難関。 難しいミッションがいくつかあるけど、それ以前に100とか多すぎて、全部クリアしてやろうとはなかなか思わない。 プレイするゲーム無くなって仕方なく再開して取得したしな、これ。 全てを知るもの エネミーリストを全て埋める ストーリーモードが一応、2ルートあって、片方にしか出ない人がいるので、この低い取得率。 全エンディング見ようとすれば途中でこれを取得する。 何の問題も無い。 殲滅者 ストーリーに登場する全ての敵キャラクターを倒す ダメージ与えると逃げるヤツを倒し損ねるのはプレイヤーのミスなので仕方ない。 が、倒してもストーリー上「逃亡」扱いになるキャラですら「倒した」扱いにならないクソっぷり。 つまり、ストーリーモード全ルートの全敵を倒してもこのトロフィー取得出来ない。 腐ってやがるぜ。 それがこの取得率の低さの要因だろう。 ストーリーモード以外で倒せとか、おかしいだろ、このトロフィー条件からして。 破壊者 アーマーブレイクをする すぐに取得できるどうでもいいトロフィーの1つ。 破壊の限り アーマーブレイク可能なキャラクターをすべてアーマーブレイクする 面倒臭すぎ。 持っていけるトラップの数が限定されてるし、誰がどんな弱点持ってるかもわからない。 面倒臭すぎ。 罠収集 全てのトラップを習得する 面倒臭すぎ。 そもそも最初から全トラップ使えない事にゲームとして利点が無い。 プレイを敬遠される理由にはなっても、プレイ時間を延ばす要因にはならない。 アホなゲームクリエイターはまだSFC時代のやり方が通ると思ってやがる。 収集癖 全てのトラップをアップグレードする 面倒臭すぎ。 ストーリーとミッション全部クリアする前には達成するけど、そういう問題じゃあない。 何をしたいゲームなのかこれじゃわかららん。 技収集 全てのアビリティを習得する こっちは主題であるトラップと違ってサブの能力なんで、ゲーム中のポイントで購入という方法でも文句は無い。 いらないアビリティばっかりだけどな。 ミッションでは使い分け大事だったけど。 魔装置 ウィザードギアを使用する 使うだけなら簡単にすぐに使える。 使う気が無くてもいつの間にか使ってる。 というか何もしてないのにいつの間にか侵入者が勝手にこれでダメージ受けてる事すらある。 魔装置を極めし者 すべてのウィザードギアを使用する 何故、このトロフィーだけ「全て」と漢字ではないのか。 まあ使うだけなら難しくは無い。 息の根 全てのウィザードギアフィニッシュを達成 「決める」ではなく「達成」。 表現の違いの謎。 実のところ、一番最初の出てくるウィザードギアのチャリオッツが一番当てるの困難な気がします。 一つの願い メディウムのお願いをかなえる ゲーム開始してすぐに取得してしまうトロフィー。 こういう無意味なトロフィーって何なんだろうな? すべての願い メディウムのお願いをすべてかなえる 使い魔みたいな存在のくせに一切手伝ってくれず、お願いばっかり言ってくる使えないメディウムども。 最初から全部の願いを言えよ。 かなえる度に次の出すんじゃあなくて。 挑戦者 クロスクエストでダウンロードしたクエストをクリアする 面倒くせぇ。 簡単なミッションを探せ。 バカみたいに凝ってるのアップする奴ら何なんだろうな?誰もDLしてねぇだろ?…無理矢理、オン要素プレイさせようとして失敗した例。 はりきって難しいミッションアップロードしてる人も結構いたけど、DL数0だしな、そういうの。 道場破り クロスクエストでダウンロードしたクエストを10問以上クリアする クソ面倒くせぇ。 というか条件が何で「以上」なのか。 条件は「10問」だろ?以上と書く理由がわからない。 クロスクエストはDLしてセーブして、そのセーブデータをロードして、クリアして、その後、評価をアップするというものすごく手間のかかる流れなので、10問というのはかなりの苦痛。 かなり時間かかるよ? 一通の挑戦状 クロスクエストで作成した問題をアップロードする 作って自分でプレイしてクリアしたものしかアップロードできない。 面倒くせぇ。 敵はスタート地点のすぐ近くにいて、頭悪い。 そして1ダメージでも与えたら強制クリアになるというものを作ってみた。 見た範囲ではそこまでしてる人いなくて、普通に「ザコが1人いる」ステージばかりだったなー。 ルール工夫すれば、倒さなくてもクリア可能なように出来たというのに。 十通の挑戦状 クロスクエストで作成した問題を10問以上アップロードする クロスクエスト2本クリアで1本アップ可能。 つまり、20本DLしてそれをクリアして、そして10問も作って、それをアップしないといけない。 ものすごく手間がかかる。 全く難しいところの無いトロフィー。 でも、手間がかかりすぎて手を出す気になかなかなれないトロフィー。 現在の取得率は1. 低すぎて笑える。 無理矢理オン要素やらせようとして、この結果か。 仕掛け 仕掛けを使用する すぐに達成してしまう。 これを取得せずにクリアしてみろ。 仕掛けの達人 全ての仕掛けを使用する とにかく数が多いし、「使用する」=敵にトラップとしての効果を表す事なんで、柱は倒すだけではNG。 倒した柱で敵を潰してようやく使用した事になる。 面倒なことだ。 百罠殺 のべ100人の敵を倒す 100人なんて割とあっという間だ。 大量殺戮だな、でも、これ。 千罠殺 のべ1000人の敵を倒す 殺しすぎ。 ストーリーとミッション両方クリアさせれば、狙うでもなく達成してるがな。 まあ、ミッション無かったら絶望的に遠い数字に思える。 十連 10ヒットコンボ以上を達成する 持てるトラップの数が少ない序盤でも無限コンボ可能なんで…。 十五連 15ヒットコンボ以上を達成する 無限以下略。 これが銀トロフィーとして存在してる時点で、開発スタッフの思惑が無限コンボで殺すゲームではなかった事はわかる。 無限コンボが可能なのはわかってる、でも、そんな簡単には出来ないよね程度に調整したつもりだったんじゃないだろうか? 捕獲者 敵を捕獲する 捕獲しても何の意味も無いのが残念である。 閲覧者 リプレイをダウンロードする 無理矢理やらせようとするオン要素トロフィーの1つ。 面白いものがあるならいいけど、そんな面白いリプレイなんてそうそう無いだろうし、探す気も起きない。 投稿者 リプレイをアップロードする このトロフィーがあるのが原因で、クソリプレイが溢れたんだろうと。 無理矢理オン要素やらせようとした結果、余計に触ってもらえないという事態に。 当たり前の結果だが。 華麗熟練者 華麗熟練度が999,999を超える 面倒トロフィー四天王。 フリーでヒーローショーステージに鎧着て頭悪くて耐久力ある奴を1人だけおいて、後はそこでコンボ続けて殺すのが一番効果的だった。 フリーでプレイしてもポイントは稼げないけど、クロスクエスト化するとポイントが入るから可能な芸当だった。 残虐熟練者 残虐熟練度が999,999を超える 面倒トロフィー四天王。 ヒーローショーで華麗、屈辱と一緒に稼ぐのだよ。 残虐はダメージ大きいからどこで使うかが課題だよな。 屈辱熟練者 屈辱熟練度が999,999を超える 面倒トロフィー四天王。 屈辱は逆にダメージ小さいからこれも、どこで使うかが課題だった。 華麗は稼ぎやすいなぁ。 稼ぎ頭 累積WARLが700,000を超える 面倒トロフィー四天王。 上の3つと同時に勝手に溜まっていくけどな。 ARKマスター 累積ARKが2,000,000を超える 桁が凄い事になってるけど、これは割とすぐに達成するんだよな。 ARKは桁がそもそも違うから。 熟練度はヘンな溜まり方するから稼ぎにくい。

次の

影牢 ~ダークサイドプリンセス~

影 牢 ダーク サイド プリンセス

大胆な露出もいいけど、そんな見せればいいってもんじゃねえよ、って時もあるよな。 俺です。 引き続き、~ダークサイドプリンセス~をプレイしているが、ストーリーを進めるより、アーマーブレイク探しに夢中になり、全然進んでいない事をお伝えします。 このゲーム最大の魅力は最終的にアーマーブレイクに結実している。 他の人はどうだか知らないが、 自分にとってのダークサイドプリンセスはアーマーブレイクだったのだ。 アーマーブレイク。 つまりは 「脱衣要素」だ。 トラップを仕掛け、コンボを決める。 コンボを長くつなげ、仕掛け「ウィザードギア」を利用し、ド派手にトドメを刺して、スコアを稼ぐ。 そうしたトラップゲームとしての面白さがあっての話ではあるが、 そこにアーマーブレイクが加わる事で素晴らしい事になっている。 だって脱衣ですよ。 脱衣ってだけで素晴らしいのだけれど、 より一層素晴らしいのは、全身鎧を脱衣させれるってことです。 顔さえ見えないほど全身が鎧に包まれたキャラクター。 一体どんな面をしているのか。 どれちょっと見てみるか、という気持ちでアーマーブレイク。 中からはほぼ下着姿というかまんまこれ下着だよねというキャラがこんにちは。 あり過ぎるだろ。 特に チャプター6のボス、セリア。 完璧だ。 完璧だ。 これぞ脱衣。 リョナかどうかはともかく。 最初から露出の多い姉ちゃんが脱ぐのも良い。 それはそれでいい事だ。 ビッチでもスラットでも、明るいアッパーなエロが嬉しい時もある。 頼んでもないのにWピースしてくれるようなエロさ。 だが、やはりこう・・・(妖しい手付き)、隙などなさそうに全身鎧に包まれたキャラこそ、剥げるものなら剥いでみたくなるもの。 ああこのベールの向こう側にはなんかエロいものが詰まっているのではないのか。 だって他のキャラエロいぞ。 きっとこのキャラの鎧の中にも、エロいもんが入っているに違いない。 そりゃそう思うよ。 コーラを飲んだらゲップが出るほど確実なんじゃ。 そういうものなんじゃ。 そしてセリアのアーマーブレイクを見て下さい。 色気も素っ気もない、無個性な聖騎士ですって感じの全身鎧から、突然のと褌。 完璧過ぎて、深夜に「ハラショー!!」って言ったよ。 この観点から言えば、 積極的にアーマーブレイクしたそうなイヴリン(おっぱい)以外のウィザードは、全くのクソである。 アーマーブレイクも出来ないウィザードであるなら、ドラクラのくらいはエロくなれ。 あと魔法ホーミングすんな。 アーマーブレイクのために弱点を探しまくる アーマーブレイクのためには各キャラに用意された弱点を突く必要がある。 よって、色んな罠を使いまくる必要がある。 普通に攻略するだけなら、炎・雷・氷の属性トラップは必要ないように思うが(今のところコンボに組み込みやすいのは電撃棒くらいかな)、弱点を突くとなるとどんどん使う必要がある。 アーマーブレイクに燃やす執念から、延々とフリーバトルで審判の間(ここの水車は殿堂入りトラップだと思う)に籠るのも止む無し。 アーマーブレイクのついでに、ローリングの練習もかねて、修行だ。 作業臭い訳だが、その果てにアーマーブレイクがあると思えば辛くない。 もう何があっても挫けない。 アーマーブレイクはウィザード以外有象無象を区別しない 毒を食らわば皿までも。 やるからには、男女の別なくアーマーブレイクを狙う。 如何にも 屈強そうな鎧のおっさんだろうと、アーマーブレイクの餌食だ。 迫力満点だった鎧達磨も、あっという間にパンツのおっさんへ。 破壊された鎧の下からなんかいけ好かない青年が登場しようもんならスコアにもならんのにループコンボにかける。 一度アーマーブレイクした後は、図鑑情報でアーマーブレイクさせ放題。 パリーンという音と共にボタン一発で軽く弾け飛ぶ鎧。 もう一度ボタンを押すとまた装着。 ボタンをポチポチ押して味に脱着を繰り返す。 征服してやった感が強く湧く。 いっそ全員脱がせるように出来なかったんですかね。 贅沢ですよね。 でもウィザードはクソ。 という訳で、 ダークサイドプリンセスは脱衣ゲームです。 も目じゃないほどの脱衣ゲームです。 脱衣ファンはプレイしてください。 こちらからは以上です。 hirottemita.

次の